FOLLOW US

独紙、無得点も攻守貢献の岡崎を高評価「チームにとって重要な選手」

シャルケ戦に出場したFW岡崎慎司(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは24日、ブンデスリーガ第30節で同代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦し、2-0で勝利を収めた。

 地元メディア『Allgemeine Zeitung』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。ゴールはなかったものの、攻守で献身的なプレーを見せた岡崎に「2.5」(最高点1、最低点6)の高得点をつけた。

 そして、「この日本人選手は常にパスを出せる体勢にあり、せっせと前へ攻め上がっただけでなく、守備のサポートもこなした。ゴールを挙げることはできなかったが、このストライカーはチームにとって重要な選手だ。90分にベンチに下がった」と高く評価している。

 マインツは次節、ホームでハンブルガーSVと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA