2015.03.16

フル出場の清武、独メディアは「折り紙付きのセットプレー」を評価

清武弘嗣
ボルシアMG戦でフル出場したMF清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第25節が15日に行われ、日本代表MF清武弘嗣、DF酒井宏樹が所属するハノーファーは、0-2でボルシアMGに敗戦した。

 ドイツメディア『Sportal.de』は、同試合の採点と寸評を発表。フル出場した清武には「4.5」(最高点1、最低点6)の採点を付けた。

 寸評では、「後半に入ってゴールに向かうようになると、ようやく目立つようになった。折り紙付きのセットプレーのエキスパートに、何度かそうした機会もあった。言及に値するコーナーキックもあり、そのボールはサリフ・サネがヘディングであわや同点に持ち込めそうなものだった」とセットプレーを評価するも、「しかし、ゲームメーカーという呼び方には、全くもってふさわしくなかった」と厳しく評した。

 なお、ベンチスタートとなった酒井宏樹に出場機会はなかった。

 ハノーファーは次節、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る