FOLLOW US

大迫が今季2ゴール目…4発決めたケルンはフランク下し6戦ぶりの勝利

今シーズ2ゴール目を決めた大迫勇也(左から3人目) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第24節が8日に行われ、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと、日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトが対戦した。

 リーグ戦5試合勝利のないケルンに対して、前節ハンブルガーSVに2-1で勝利し2連勝を狙うフランクフルトの一戦。長谷部が先発出場で、大迫と乾がベンチスタート、長澤はメンバー外となった。

 試合は28分、ケルンの先制で動いた。エリア手前で相手DFと競り合ったアンソニー・ウジャーが潰れるとボールはそのままエリア内に。シウヴァ・デイヴェルソンがそのボールに反応し、落ち着いてループシュートを放つと、飛び出していたGKケヴィン・トラップの頭上を越えて、ゴールに吸い込まれた。

 さらにケルンは43分、味方のスルーパスでウジャーが抜け出してGKと1対1となり、シュートを放つが、トラップが好反応を見せてセーブした。前半はこのまま動かず、ケルンの1点リードで折り返す。

 後半に入って49分、フランクフルトは右サイドからのクロスに、アレクサンダー・マイアーが飛び込んで頭で合わせるが、枠を外す。すると58分、エリア内左に抜け出したルーカス・ピアソンが折り返しを入れると、中央でマイアーが合わせるが、GKティモ・ホルンがセーブ。しかしそのこぼれ球を、マイアーが自ら押し込んで、フランクフルトが同点に追いついた。

 試合を振り出しに戻されたケルンは直後の60分、味方の浮き球のパスでエリア内に抜け出したウジャーがフリーで右足を振り抜くが、シュートはクロスバー上に大きく外れた。63分には、先制弾のデイヴェルソンに代えて大迫をピッチに送り出す。

 すると72分、ケヴィン・フォクトの横パスを受けたマルセル・リッセが、エリア手前の左から右足を振り抜くと、ゴールのニアサイドを突いてネットを揺らし、ケルンが勝ち越しに成功した。

 再びリードを許したフランクフルトは75分、長谷部に代えて乾を投入。しかし79分、ウジャーのパスで抜け出した大迫がエリア内で、落ち着いてGKとの1対1を決めて追加点を挙げ、ケルンがリードを広げた。大迫は昨年8月30日に行われたリーグ戦第2節のシュトゥットガルト戦以来となる今シーズン2ゴール目となった。

 さらに81分に、味方が高い位置でボールをカットすると、こぼれ球を受けたウジャーがそのままエリア内右に持ち上がって右足を振り抜くと、ゴール左に決まり、ケルンのリードは3点となった。

 しかし、後半アディショナルタイムに入って、ケヴィン・ヴィマーがハリス・セフェロヴィッチにファールを犯し、ケルンはフランクフルトにPKを献上。ヴィマーはこのファールで一発退場となった。

 フランクフルトはマイアーがこのPKをゴール右隅に決めて1点を返すも、直後に試合終了のホイッスル。大迫のゴールを含む4得点で、ケルンがフランクフルトを下し、6試合ぶりの勝利を収めた。

 ケルンは次節、14日に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、フランクフルトは同日にパーダーボルンと対戦する。

【スコア】
ケルン 4-2 フランクフルト

【得点者】
1-0 28分 シウヴァ・デイヴェルソン(ケルン)
1-1 58分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
2-1 72分 マルセル・リッセ(ケルン)
3-1 79分 大迫勇也(ケルン)
4-1 81分 アンソニー・ウジャ―(ケルン)
4-2 90+3分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)(PK)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA