FOLLOW US

日本人は出場せず…ヘルタとドロー決着のシュトゥットは8戦白星なし

ヘルタ戦でベンチからチームを見守る酒井高 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第24節が6日に行われ、日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトと、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。

 7試合勝利のないシュトゥットガルトが、前節3試合ぶりの勝利を挙げたヘルタ・ベルリンをホームに迎えての一戦。酒井と原口がベンチスタートで、細貝は前節に続いてメンバー外となった。

 試合は14分、シュトゥットガルトは右サイドからクロスを入れると、中央の選手が繋ぎ、ファーサイドでティモ・ヴェルナーがシュートを放つが枠の左に外れる。一方のヘルタ・ベルリンは26分、相手のクリアボールをエリア手間の中央で受けたヴァレンティン・シュトッカーが、左足を振り抜くが、好反応を見せたGKスヴェン・ウルライヒにセーブされた。このまま両チームとも得点を奪えず、前半を折り返す。

 後半に入って65分、シュトゥットガルトは、フィリップ・コスティッチが右サイドからクロスを入れると、相手DFがニアで触りコースが変わる。そのこぼれ球にいち早く反応したダニエル・ギンチェクがシュートを放つが、GKトーマス・クラフトも飛び出して詰めており、枠を外した。

 さらに72分、右CKでコスティッチがボールを中央へ送ると、ニアサイドでダニエル・シュヴァーブが頭で合わせ、ゴール右隅をつくが、クラフトが弾き出した。一方のヘルタ・ベルリンは81分、サロモン・カルーが高い位置でボールをカットすると、そのままドリブルで持ち上がり、相手を2人かわしてパス。そのボールを受けたニコ・シュルツがダイレクトでシュートを放つが、わずかにゴール右に逸れた。

 後半アデイショナルタイムに入り、試合終了目前で、シュルツがモリッツ・ライトナーを後ろから抱えて倒し、この日2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。

 試合はこのまま動かず、スコアレスドローで終了。シュトゥットガルトは8試合勝利がなく、ヘルタ・ベルリンは連勝を逃した。なお、酒井と原口に出場機会はなかった。

 シュトゥットガルトは次節、13日にレヴァークーゼンと対戦。ヘルタ・ベルリンは14日に、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケをホームに迎える。

【スコア】
シュトゥットガルト 0-0 ヘルタ・ベルリン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA