FOLLOW US

大迫先発のケルンがハノーファーとドロー…清武は今季初の出場なし

ハノーファー戦で先発出場したケルンの大迫(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第22節が21日に行われ、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹が所属するハノーファーが対戦した。

 2015年に入って勝利のないケルンが、5試合勝利のないハノーファーをホームに迎えての一戦。大迫が先発出場し、清武はベンチスタート、長澤と酒井はメンバー外となった。

 開始1分、アンソニー・ウジャの落としを受けた大迫がエリア内中央でシュートを放つが、DFに詰められた枠を大きく外す。しかし、その前に大迫のポジションがオフサイドの判定となった。

 一方のハノーファーは3分、ホセルが左CKを頭で合わせるがGKティモ・ホルンの正面。すると5分、左サイドを抜け出したミーコ・アルボルノスからのクロスに、ニアに飛び出したホセルが頭で合わせる。シュートはクロスバーとホルンの体に当たり、ゴールに吸い込まれ、ケルンが先制に成功した。

 失点を許したケルンは17分、前線にロングフィードを送ると、相手DFがクリアし切れずボールはゴール前に流れる。それに反応したウジャがヘッドで押し込んで、ケルンは試合を振り出しに戻した。その後は、両チームの展開が早くボールが落ち着かない状況が続き、そのまま1-1で前半を折り返す。

 後半に入って60分を過ぎると両チームにチャンスが訪れて激しさが増す。63分、右サイドからのクロスを繋ぎ、ゴール前の大迫が胸トラップからシュートを試みるが、またもDFに詰められて空振りに終わった。65分、エリア手前の左でFKを獲得したハノーファーは、ジェイフン・ギュルセラムがゴール右上を狙った強烈なシュートを放つが、ホルンが弾きだしてゴールとはならない。

 69分にケルンは、エリア内右に抜け出したスワヴォミル・ペシュコが右足を振り抜くが、シュートはわずかに左に逸れた。70分には、味方のアーリークロスに反応した大迫が、エリア内中央でトラップからシュートを試みるが、GKロン・ロベルト・ツィーラーが飛び出してセーブ。

 87分にケルンは、大迫に代えてシウヴァ・デイヴェルソンを投入。後半アディショナルタイムに入って、ハノーファーのシュテファン・テスカーが、この日2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。

 試合はこのまま終了し、ホームのケルンはハノーファーと1-1の引き分けに終わった。なお、大迫は87分までプレーし、今シーズンのリーグ戦で全試合に出場していた清武に出場機会はなかった。

 次節、ケルンは27日にアウェイでバイエルンと対戦。ハノーファーは28日に、DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトをホームに迎える。

【スコア】
ケルン 1-1 ハノーファー

【得点者】
0-1 5分 ホセル(ハノーファー)
1-1 17分 アンソニー・ウジャ(ケルン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA