2015.01.31

敗戦するも前向きに語るJ・ボアテング「注意喚起のようなもの」

J・ボアテング
ヴォルフスブルク戦に出場したバイエルンDFボアテング(左) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が30日に行われ、バイエルンはヴォルフスブルクと対戦し1-4で敗戦。試合後、バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが試合を振り返った。クラブ公式サイトが同日に伝えている。

 バイエルンは、同試合でヴォルフスブルクのオランダ代表FWバス・ドストと、ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに2ゴールずつ決められて、今シーズンのリーグ前半戦での合計失点と同じ4失点を喫した。そして、後半にスペイン人DFフアン・ベルナトの1ゴールだけしか決められなかったバイエルは、1-4で敗戦。今シーズン後半の初戦でリーグ初黒星となった。

 ボアテングは試合後、「簡単なことだ。僕らのプレーが本当に悪かっただけ」と敗戦についてコメントすると、「アグレッシブではなかったし、いとも簡単にボールを失っていた」とチームのパフォーマンスを振り返った。

 しかし、同選手は「今日この敗戦をしたのは良い事なのかもしれない」と語ると、「なぜならこれは注意喚起のようなものだ。今後このようなパフォーマンスをする余裕はない」と残りのシーズンに向けて前向きに敗戦をとらえている。そして、「もし修正するならば、シャルケ戦に備えて重大な改善が必要になることはみんな分かっている」と次戦を前に改善を誓った。

 バイエルンは、2月3日に行われるブンデスリーガ第19節で、日本代表DF内田篤人が所属するシャルケと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る