2015.01.30

ブンデスリーガ再開…ドルトムントの香川真司、失意から飛躍なるか

後半戦での巻き返しなるか [写真]=Bongarts/Getty Images

 どん底から、1週間が経った。日本代表での戦いを終えた香川真司が、ドルトムントの一員としてブンデスリーガの後半戦を迎える。

 連覇を狙ったアジアカップでは、5大会ぶりの準々決勝敗退。ドイツの地で失意からの復活を目指すことになるが、置かれている状況は易しくない。近年に破竹の勢いを見せていたドルトムントだが、今シーズンは大苦戦。前半戦を終えて、最下位のフライブルクと同勝ち点の17位と、2部への自動降格圏に沈んでいる。

 チームの成績と軌を一にするかのように、今シーズンの開幕直後にマンチェスター・Uから復帰した香川のパフォーマンスも下降。復帰戦でこそゴールを挙げたものの、ウィンターブレイク前には先発落ちはおろか、3試合連続で出番がないこともあった。

「今大会も簡単にはいかないし、非常に厳しい戦いだと思っているが、乗り越えていければ自然とドルトムントでの道筋も見えてくる」

 並々ならぬ意欲を抱いて臨んだアジアカップでも、タイトル防衛に失敗した。敗退が決まったUAE代表戦では、本田圭佑の6本に次ぐ5本のシュートを放ったが無得点。6番手として登場したPK戦でも、シュートがポストを叩いて失敗し、日本最後のキッカーとなった。

 グループリーグで散った昨夏のワールドカップから失地回復を図った大会で敗退したことにより、中心選手の香川には辛らつな批判が集まっている。「結局負けたので、点が取れずにすごく責任を感じます。試合でもチャンスはありましたし、PKでもそうですし、申し訳ないです」と、香川自身もUAE戦直後には謝罪を繰り返した。

 ただ、クラブと代表で長らく続いた苦悩もついに底打ちした感がある。

 リーグ中断期間前で、最後の試合だったブレーメン戦では後半から出場。チームは敗れたが、「チャンスに絡めていることは、調子の良さを表している」という出来だった。確かな手応えを抱えつつ臨んだアジアカップでも、敗退したことで批判が集まっているが、日本の全4試合に出場して7ゴール中5ゴールに絡むプレーを見せていた。

 グループ最終戦のヨルダン代表戦では、ゴールも記録。日本代表としては、昨年6月以来となる228日ぶりの得点だった。長友佑都も「エースで10番の真司が大きなプレッシャーを背負い、なかなか点が取れなくて難しい時期を過ごしたなと思う。ただ、得点して彼自身が本当に嬉しそうな顔をしていた。これを機に吹っ切れて、点を取ってくれるのでは」と語っていたように、実際には尻上がりに調子を上げている。

「(日本から)ドルトムントやユナイテッドに行って、周りや自分自身が求めるものは数段上がっていて、その中でのプレッシャーや競争はこの1年間で経験できたと思う。結果を残すことはできなかったけど、この経験が絶対にプラスになると信じているし、色んなことを考えさせられた1年だった。改めて精神的に濃い1年で、メンタル的に成長できる土台を作れたから、それを来年はものにしていければいい」

 昨年の大晦日、日本でアジアカップの事前合宿中だった際に、2014年の1年間を振り返って口にした話を思い出す。

 ブンデスリーガの再開初戦は、31日に行われるレヴァークーゼン戦。ドイツ紙『キッカー』の先発予想では、ベンチスタートが濃厚と伝えられた。アジアカップ敗退の傷も癒えず、所属クラブのレギュラー争いでも劣勢が強いられている。結果の出ないトンネルは、自身の予想をこえてもうしばらく続くかもしれない。

 ただ、試合は立て続けにやってくる。ドルトムントはリーグこそ下位に沈んでいるが、チャンピオンズリーグではベスト16、国内カップでも3回戦に進出。落ち込んでいる暇がないほどの、過密日程が待ち構える。

 失意を終わらせ、飛躍へ向かう滑走路は、目の前に続いている。

文=小谷紘友

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング