2015.01.24

3試合完封にも満足せず…ドルト指揮官「理想レベルには達していない」

ユルゲン・クロップ
ドルトムントを指揮するクロップ監督 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントは21日、ユトレヒトと練習試合を行い1-0で勝利を収めた。これで練習試合3試合を無失点で終えたドルトムントだが、ユルゲン・クロップ監督は「理想とするレベルには達してもいない」と釘を刺した。23日、クラブ日本語版公式HPがコメントを伝えている。

 シーズン後半戦の開幕が迫る中、クロップ監督は「手応えがないわけではないが、我々がやるべきことはまだ残っている」と語る。「確かに、3連続完封は評価できるが、ブンデスリーガの試合とは違う。その辺りを勘違いしてはいけないよ」と、練習試合の結果はあくまで参考程度だと主張した。

 現在ドルトムントはドイツ代表MFスヴェン・ベンダーや同DFエリック・ドゥルムをはじめ、同MFケヴィン・グロスクロイツ、元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールらがけがのため治療や調整を行っている。指揮官は「戦力は十分に揃っている」と話すが、不安を抱えたまま後半戦を迎えることになりそうだ。

「全体をコンパクトに保ちながら、全員がそれぞれの役割をより正しく認識すること。そして、チームとしてもう一歩前進できれば」

 降格圏の17位に沈むドルトムントはトンネルを抜け出すことができるのか。まずは31日に行われるブンデスリーガ第18節のレヴァークーゼン戦で4試合ぶりの勝利を目指す。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る