2015.01.18

香川不在のドルトに痛手…ケールとグロスクロイツが練習試合で負傷

ケール,グロスクロイツ
練習試合で負傷したケール(上)とグロスクロイツ(下) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは17日、冬季キャンプ地のスペイン・アリカンテで、ルーマニアのステアウア・ブカレストと練習試合を行った。

 この試合で、前主将の元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールと、同代表MFケヴィン・グロスクロイツが相次いで負傷していたことが明らかになった。同日付けのドイツ紙『ビルト』が報じている。

 ドルトムントにとっては、降格圏脱出に向け万全なコンディションでリーグ再開を迎えるためのミニキャンプのはずが、中心選手二人が負傷するという不運に見舞われてしまった。

 最初のアクシデントは前半終了間際だった。ケールとドイツ代表DFマッツ・フンメルスが味方同士で衝突。ケールは地面に肩を強打し、レントゲン検査を行うためにドルトムントへ戻っている。

 さらに後半途中には、グロスクロイツが空中戦の競り合いで着地した際に、左足足首を痛め、サポーターを巻くほどの状態であった。

 ドイツ代表FWマルコ・ロイスが負傷から56日ぶりに戻ったことを喜んでいたユルゲン・クロップ監督だが、またしても負傷者に悩まされる事態となってしまった。

 ドルトムントは31日に、ブンデスリーガ第18節のレヴァークーゼン戦を迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る