2015.01.15

去就注目のDFフンメルスが残留を強調「大切なのは忠誠心」

フンメルス
ドルトムントに所属するフンメルス [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが自身の去就について言及した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 フンメルスは、アーセナルやマンチェスター・Uなどプレミアリーグのクラブへの移籍が噂されている。しかし、同選手は「興味を示してくれるクラブはある。でも、いつも残留を選んできた。僕にとって大切なのは忠誠心なんだ」と語り、ドルトムント残留の意思を示した。

 さらに、フンメルスは「良い決断をしてきたと思うし、これからもそうしたいと考えている」と主張。また、「2024年や2030年までチームに残るという意味ではないよ。それでも、今日まで僕はここでプレーしてきたんだ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
インテル
40pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る