2015.01.15

ドルトムントのクロップ監督が補強に言及「今のままで問題ない」

クロップ
ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、冬の移籍市場における選手補強について言及した。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 ブンデスリーガで苦しい戦いを強いられているドルトムントは、降格圏の17位で前半戦を終えた。1月下旬からスタートする後半戦に向け、チームはオーストリアのレッドブル・ザルツブルクからスロベニア代表MFケヴィン・カンプルを獲得したが、クロップ監督はこれ以上の補強は必要ないと考えている。

 選手補強に関して、同監督は「今のままで問題ない」と語り、チームの陣容に満足していることを明かした。また、移籍の噂が絶えないドイツ代表MFマルコ・ロイスに関しては「彼は集中している。我々にとってとても重要な選手だ」とコメント。後半戦に向けては「残留を果たしたい。順位はあまり気にしていないよ」と述べていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る