FOLLOW US

ゲッツェやアザールら…事故死マランダへ関係者からの追悼メッセージ

10日に交通事故により亡くなったマランダ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ヴォルフスブルクに所属するU-21ベルギー代表MFジュニオール・マランダが、10日にドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州のポルタ・ヴェストファーリカで、交通事故により亡くなった。20歳の若さだった。同選手の訃報に際し、多くの関係者が公式SNSなどを通して追悼のコメントを発表している。

 マランダが所属するヴォルフスブルクは、南アフリカへのキャンプを延期すると発表。同クラブのクラウス・アロフスSD(スポーツディレクター)はクラブ公式HPを通じ「我々は困惑しているし、この気持ちを表す言葉を簡単に探し出すことは出来ない。我々は彼に対し大きな愛情を持っていた。彼はチームの中でポジティブな精神を発揮し、彼の人生は喜びで満ち溢れていた。加えて、ジュニオールは素晴らしいサッカー選手で、まだ彼の選手人生は始まったばかりだった。彼がもう我々とともにいないことを信じることが出来ない。家族や関係者の方にお悔やみ申し上げます」とコメントした。

 またチームメイトのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネは公式ツイッターを通じ、「今朝君の声を聞いて、このニュースを聞くなんてとても変な気分だ。偉大な友人をあまりにも早く亡くしてしまった。ジュニオール・マランダ、安らかに眠れ。そして君は常に僕らとともに…」と、同郷のチームメイトの死をいまだ受け入れられない様子。

 同じくチームメイトのデンマーク代表FWニクラス・ベントナーも公式インスタグラムを通じ「素晴らしい選手であっただけでなく、人間としても優れていた。家族のご心痛を深くお察しいたします。君は珍しいほど心優しく、特別だった。決して忘れないよ」と、選手としてだけでなく、優れた人間性を持ったマランダの死を惜しんだ。

 バイエルンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは「とても悲しいことだ。お悔やみ申しあげます」とコメント。同じくバイエルンの同代表DFジェローム・ボアテングも「ジュニオール・マランダ、安らかに眠れ。悲しすぎる」と公式ツイッター上でつぶやいている。

 チェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールと同代表GKティボー・クルトワも公式ツイッターを通じ追悼のメッセージを寄せている。アザールは「この最悪なニュースを聞いてとても悲しい…弟よ、安らかに眠れ」とつぶやき、クルトワは「ジュニオール・マランダ、安らかに眠れ。僕らはビッグタレントであり、偉大な人間を失ってしまった…」と、母国の至宝の死を悼んだ。

 その他、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニや同FWロメル・ルカク、同MFデニス・プラート、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコ、スイス代表MFジェルダン・シャキリらが追悼のコメントを贈っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO