2014.12.13

ドルト指揮官が香川を擁護「いきなり絶好調になる方が難しい」

香川真司
クロップ監督(右)が香川真司(左)に言及した [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 13日に行われるブンデスリーガ第15節で、日本代表MF細貝萌、FW原口元気のヘルタ・ベルリンと日本代表MF香川真司のドルトムントが対戦する。

 第14節を終えて勝ち点14、14位に沈むドルトムント。敵地での一戦を前に、ユルゲン・クロップ監督が記者会見に出席し、香川について言及した。ドイツ誌『キッカー』日本語版HPがコメントを伝えている。

 今シーズン、マンチェスター・Uからドルトムントへ復帰した香川は、ブンデスリーガ第14節終了時点で11試合に出場し、1得点。復帰戦となった9月13日の第2節フライブルク戦でゴールネットを揺らしたが、以降は得点を挙げていない。クロップ監督は「激しい対人戦のために、真司を獲得する必要はない。センターバックとして香川を獲得するのは馬鹿げているだろう?」と、独特の言い回しで香川を擁護しつつ、「マンチェスター・Uで恵まれた状況に置かれていたわけではなかったが、それでも素晴らしい滑り出しを見せてくれた。だが比較的早く、そこまでうまくいかなくなってしまった」と、話した。

 そして、「真司は今も素晴らしい選手だ。だが、この2年間の状況や前半戦での状況を踏まえた上で、いきなり絶好調になって、何でもやってのける方が驚くべきことだと言えるだろう」と続け、「特に攻撃的な選手では、それ(安定感の構築)が難しいのだ。逆に守備的な選手であれば、常に安定感を得られるのでやりやすくはあるのだけどね」とコメントしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング