2014.12.12

低迷する15位ヘルタに“喝”…ルフカイ監督が怒りの懲罰練習実施

ルフカイ監督
低迷するチームに懲罰練習を科したルフカイ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンのヨス・ルフカイ監督が練習中に激怒し、懲罰トレーニングを科ていたことが明らかになった。11日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 ヘルタ・ベルリンは、直近のリーグ戦5試合を1勝4敗で終え、現在15位に低迷している。13日に行われるブンデスリーガ第15節、日本代表MF香川真司が所属するドルトムント戦の結果次第では、自動降格圏に転落する可能性もある。

 しかし選手たちは集中力の欠如からか、10日に行われた練習でパスミスを連発したため、ルフカイ監督は激怒し、「お前たちがそういうプレーをしたいなら、腕立て伏せをやってくれ。1本のパスを味方に出すだけの、簡単な練習だろ!もしパスミスをしたら、腕立て伏せ20回だ!」と、怒りの懲罰トレーニングを科すことにした。

 そして同紙によると、このパス交換トレーニングの中断は3回あり、選手は計60回の罰を科せられたそうだ。それでも怒りの収まらない同監督は、「ボールを味方にパスするのがそんなに難しいのか?自分の胸に聞いてみろ!ボールを持っていない人間も自らイニシアチブを示せ!」と、大声で怒鳴り散らしたと伝えられている。

 その後、練習はショートパスからロングパスに変わったが、ここでもルフカイ監督は「黙って立っていることは許さない。コミュニケーションをして、脳みそのスイッチを入れろ」と、失敗を犯した際には10回の腕立て伏せを命令。最終的には計20回の罰が追加されてしまったようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング