2014.12.03

バイエルンのミュラー、ドルトの低迷は「驚きではなくショック」

ミュラー
バイエルンのミュラー(左)がドルトムントに言及 [写真]=Bongarts/Getty Images

 現在ブンデスリーガ最下位に沈んでいる日本代表MF香川真司のドルトムントに対し、国内タイトルを争う関係にあるバイエルン所属のドイツ代表FWトーマス・ミュラーが同情の念を示している。2日、ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 同紙によると、ミュラーはCS放送『sky』のインタビューで、「(ドルトムントの低迷は)驚きではなく、もはやショックを受けている。僕は外から見ている人間だが、彼らのこの状況を見ればうろたえてしまうよ。ドルトムントがこれから勝ち点を得ていくことを望んでいる。なぜならそれがドイツサッカー界にとって重要なことだからだ」と話したという。

 またバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、2014年のFIFAバロンドール最終候補の3人に選ばれたことについては、「クリスティアーノ・ロナウドがまた受賞するのは、ちょっと退屈だよね。僕はマヌ(ノイアー)がその競争に勝つことを希望するよ」とコメント。クラブと代表の両方でチームメートである同選手の受賞を願っていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る