2014.11.12

ドルトGK、160万円めぐって出廷へ…ガーデニングで庭師から訴え

ヴァイデンフェラー
自宅のガーデニングで庭師から訴えを起こされたヴァイデンフェラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントのドイツ代表GKローマン・ヴァイデンフェラーが、1万1000ユーロ(約158万円)をめぐって訴えられているという。11日、ドイツ紙『Revier Sport』など、複数ドイツメディアが伝えた。

 報道によると、ヴァイデンフェラーは新たに建てた自宅のガーデニングを庭師に依頼したが、庭師は同選手が希望していた舗装用の敷石を間違って発注。そのため同選手は支払いの一部を拒否したとのことだ。

 しかしこの庭師は見積書の全額を要求し、未払いである1万1000ユーロを求めて訴えを起こしたそうで、ヴァイデンフェラーは14日にドルトムント地方裁判所へ出廷する予定だという。

 同選手は2009年、ドルトムント市内のイタリアンレストラン『Vapiano』で5人組の男たちに殴られ軽傷を負い、原告側として裁判所に出廷した過去を持つが、今回は被告側として5年ぶりに裁判所での一戦を迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る