2014.11.10

クロップ監督、連敗ストップに安堵「素晴らしい戦いを見せた」

クロップ
ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、9日に行われたブンデスリーガ第11節のボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 リーグ戦5連敗中のドルトムントは、58分にオウンゴールで先制。そのまま逃げ切り1-0で勝利を収めた。試合後、クロップ監督は「言葉にするのは難しいね。多くのプレッシャーを取り除くことができたと思う。このような状況の中、チームは素晴らしい戦いを見せた」と語り、勝ち点3獲得を喜んだ。

 また、ブンデスリーガで8試合ぶりの白星を手にしたドルトムントは、3勝1分7敗の勝ち点10。同監督は「ようやく勝ち点が二桁になった」と語り、勝利を実感していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る