2014.11.06

バイエルンのアラバがローマ戦でじん帯を負傷…ピサーロも離脱

アラバ
ローマ戦で負傷したアラバ [写真]=Bongarts/Getty Images)

 バイエルンは6日、オーストリア代表DFダヴィド・アラバと、ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロが負傷したことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 アラバは5日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のローマ戦で、ひざの内側じん帯を負傷。けがの詳細は6日の精密検査で明らかとなる。バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「彼はあらゆるポジションでプレーできる選手。クリスマス後に復帰できることを願っている」とコメントした。

 また、ピサーロは3日のトレーニングで右太ももを負傷。数週間の離脱になることが明らかとなった。同選手は「残念だ。チームが今の調子を維持してくれることを願っている。僕がいなくても、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグでゴールを決めてくれるはずだ」と述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る