2014.11.03

無得点に終わった大迫「チャンスはあったのですごく悔しい」

大迫勇也
フライブルク戦にフル出場した大迫 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が2日に行われ、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンはフライブルクと対戦し、0-1で敗れた。フル出場した大迫が、試合を振り返っている。

 無得点に終わった大迫は「チャンスはあったのですごく悔しいです」とコメント。また、自身のプレーについて「なかなかボールが出てこない時間が続いたけれど、徐々にパスが出るようになったので、あとはゴール前の入り方と、最後の詰めのシュートをしっかりしたいです」と述べた。

 さらに、大迫は課題について言及。「点を取れている時は、感覚的には良いタイミングで入れています。自分が呼び込む時にボールがきているので。ただ、そこがまだまだ足りないと思いますし、そこでしっかり決めきれるようにしなければいけないです」と語った。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る