2014.11.02

香川先発のドルト、先制するもバイエルンに逆転負けでリーグ5連敗

シャビ・アロンソ(右)とマッチアップした香川真司(左)  [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が1日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。

 ドルトムントは香川が先発出場。バイエルンは昨シーズンまでドルトムントに所属していたロベルト・レヴァンドフスキが先発出場し、古巣との対戦となった。今節までのリーグ成績は、6勝3敗の未だ負けなしで首位を走るバイエルンに対して、ドルトムントは2勝1分け6敗で15位と、低迷が続いている。

 試合は昨シーズンのリーグ覇者バイエルンがまずチャンスを迎える。6分に右サイドでボールを受けたアリエン・ロッベンが、エリア内右のフィリップ・ラームとワンツーで中央に侵入し、得意の位置からシュートを放つも、GKローマン・ヴァイデンフェラーがかろうじて右手触り得点を許さなかった。9分にドルトムントは、右サイドからワンツーで中央へのドリブルを開始したヘンリク・ムヒタリアンがエリア手前の正面からゴールを狙うが、右ポストに直撃。21分にバイエルンは、またも右サイドでボールを受けたロッベンが中に切り込んで強烈なシュート。しかしこれもGKヴァイデンフェラーがセーブした。

 31分、ドルトムントはカウンターを仕掛ける。GKヴァイデンフェラーからのスローを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンが香川とダイレクトのワンツーで右サイドを抜け出し、中央へクロス。エリア内に走りこんできたマルコ・ロイスがヘッドで合わせると、ボールはゴール左に突き刺さり、ドルトムントが先制に成功した。

 試合が動いた後はバイエルンが攻勢に出る。37分に右サイドのロッベンからの鋭いスルーパスに反応したトーマス・ミュラーがエリア内でシュートを放つが、GKヴァイデンフェラーが飛び出して左手1本でセーブ。38分にドルトムントは香川がミドルシュートを狙うが枠をとらえられない。すると39分には右サイドからのパス交換でエリア内左のロッベンにボールが通る。ロッベンは2度切り替えしシュートを放つがゴール左に外した。

 前半は、ロイスの得点でアウェーのドルトムントが1点のリードで折り返した。

 ドルトムントは、マッツ・フンメルスをネヴェン・スボティッチに代えて後半を迎えた。51分にバイエルンは、左サイドからメディ・ベネティアがクロスを入れると、エリア内中央でフリーになっていたレヴァンドフスキが胸トラップからシュート。しかしこれもGKヴァイデンフェラーが右足一本でビッグセーブ。

 59分には、香川がエリア手前のゴール正面でボールを受けると、反転してDFをかわしてシュートを放つが、わずかにゴール左に逸れた。一方のバイエルンは、右サイドからのクロスをフリーのベネティアが頭で合すが、わずかに右に外した。
 
 69分、バイエルンはマリオ・ゲッツェに代えてフランク・リベリーを投入。71分にはドルトムントが香川に代えてケヴィン・グロスクロイツを投入した。

 すると直後の72分、リベリーがロッベンへ縦パスを送るが、スポティッチがカット。しかし、そのこぼれ球をレヴァンドフスキが、エリア手前の正面からダイレクトでシュートを放ち、ネットを揺らしてバイエルンが同点に追いついた。

 81分にバイエルンはミュラーに代えてクラウディオ・ピサーロを投入。ドルトムントはオーバメヤンに代えてアドリアン・ラモスをピッチに送り出した。

 バイエルンの猛攻をなんとか防いでいたドルトムントだったが、スボティッチがリベリーをエリア内で倒してしまいPKを献上。85分にロッベンがそのPKを決めてバイエルンが逆転に成功した。

 試合はそのまま終了し、ドルトムントが先制するも、バイエルンに2ゴールを許し1-2の敗戦。リーグ戦5連敗となった。

【スコア】
バイエルン 2-1 ドルトムント

【得点者】
0-1 31分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 72分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
2-1 85分 アリエン・ロッベン(バイエルン)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る