2014.10.29

リーグ戦苦戦中のドルトムント、独杯勝利に指揮官「結果は満足」

ユルゲン・クロップ
サポーターと勝利を喜ぶドルトムントのクロップ監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントは28日、DFBポカール2回戦でザンクト・パウリと対戦した。

 リーグ戦では6試合勝利がないドルトムントは、香川のアシストからチーロ・インモービレが先制ゴールを挙げると、44分にもマルコ・ロイスがゴールを決め2点リードで前半を折り返す。試合終了間際には、香川がダメ押しゴールを奪い、ドルトムントが3-0で勝利を収めた。

 試合後、インタビューに応じたユルゲン・クロップ監督は、「結果には満足している」と語った。ブンデスリーガ日本語版公式HPが伝えている。

 クロップ監督は、「ゲームを支配したのは明らかだったが、後半に関しては納得できない。すべてにおいて正しいプレーができたわけではなかった。ただ、今日は良い方向への新たな一歩を踏み出した」とコメント。内容には不満を示しながらも、勝利という結果に喜びを見せた。

 また、ケヴィン・グロスクロイツは「前半は良い試合運びだったけど、後半に入ってからは1対1で負ける場面が増えていた」と、指揮官同様に後半の課題を指摘しながらも、「この勝利は土曜日の試合に向けてとても大事なものだ。バイエルンを本気にさせたいと思っている」と、次戦に弾みをつける価値ある勝利になったと振り返った。

 ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第10節でバイエルンと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る