2014.10.19

酒井高徳は出場せず…シュトゥット、驚異の粘りで3点差を追いつく

シュトゥットガルト
驚異の粘りで引き分けに持ち込んだシュトゥットガルト [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第8節が18日に行われ、日本代表DF酒井高徳が所属するシュトゥットガルトはレヴァークーゼンと対戦した。酒井はベンチスタートとなった。

 ここまで7試合を終えて1勝と、厳しいシーズン序盤を送るシュトゥットガルトは、ホームに4位のレヴァークーゼンを迎えた。

 試合は4分、中央でドリブルを仕掛けたシュテファン・キースリンクがディフェンスと交錯すると、こぼれ球を拾ったソン・フンミンがディフェンスを交わして左足で蹴り込みレヴァークーゼンが先制する。続く9分、シュトゥットガルトのGKトルステン・キルシュバウムの中途半端なクリアがソンわたり、ソンは迷いなくシュートを選択。飛び出していたキルシュバウムの反応が遅れ、早々に2点目を奪う。

 さらに10分、スルーパスに抜け出したソンがキーパーと一対一になり、再び絶好機を迎えるが、狙いすましたループシュートはクロスバーに阻まれた。32分にも、シュトゥットガルト守備陣の連係ミスが起こり、キースリンクが角度の無い位置から無人のゴールを狙うが、ここもポストに救われる。

 しかし41分、カリム・ベララビがソンとのワンツーからディフェンス3人を交わし左足でゴール。0-3とレヴァークーゼンの一方的な展開で前半を折り返す。

 ここまで防戦一方だったシュトゥットガルトだが、後半は別のチームに豹変する。57分、右サイドでボールを受けたクリスティアン・ゲントナーがクロスを入れると、ティモ・ヴェルナーが頭で合わせ1点を返す。

 さらに攻めるシュトゥットガルトは67分、左サイドからのフリーキックをゴール前に入れると、こぼれ球をフロリアン・クラインが豪快なミドルシュートを突き刺し、1点差に詰め寄る。

 完全に勢いを取り戻したシュトゥットガルトは76分、右サイドでフリーキックを獲得すると、フィリップ・コスティッチが入れたクロスをマーティン・ハルニックがヘディングで叩き込み、とうとう同点に追いつく。

 終盤は、お互いが勝ち越し点を狙い果敢に攻め込むが、チャンスを決めきれず3-3の引き分けで終了。酒井高徳に出番はなかった。

【スコア】
シュトゥットガルト 3-3 レヴァークーゼン

【得点者】
0-1 4分 ソン・フンミン(レヴァークーゼン)
0-2 9分 ソン・フンミン(レヴァークーゼン)
0-3 41分 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
1-3 57分 ティモ・ヴェルナー(シュトゥットガルト)
2-3 67分 フロリアン・クライン(シュトゥットガルト)
3-3 76分 マーティン・ハルニック(シュトゥットガルト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る