2014.10.15

ドルトムント、じん帯負傷のMFムヒタリアンがテストマッチに復帰

テストマッチへの復帰が伝えられたムヒタリアン [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがテストマッチに出場したようだ。クラブ公式HPが14日に伝えている。

 同HPによると、14日に行われたヴィクトリア・ケルン(4部相当)とのテストマッチに出場したムヒタリアンは、1得点を挙げる活躍を見せ、3-2での勝利に貢献していた模様だ。

 ムヒタリアンは9月20日に行われたブンデスリーガ第4節のマインツ戦で右足根骨のじん帯を負傷。その後、全治4週間の診断結果が下されたが、ブンデスリーガ公式HPによれば、同選手は7日にはチームに合流しランニングを開始していたという。

 なお、リーグ戦の覇権奪回を狙うドルトムントだったが、今シーズンはここまでのリーグ戦7試合で2勝1分4敗の13位に低迷。首位のバイエルンとは、すでに勝ち点“10”差をつけられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る