2014.10.11

36歳の元独代表FWクローゼ、1月に古巣カイザースラウテルン復帰か

古巣への復帰が噂されるクローゼ(右) [写真]=Getty Images

 元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼは、今年限りで所属するラツィオを退団する可能性が浮上した。イタリア紙『Il Messaggero』が報じた。

 ラツィオで4シーズン目を迎えているクローゼは、36歳となった今も第一線で活躍している。しかし、ローマを拠点にする同紙によれば、クローゼには、来年1月の移籍市場でのカイザースラウテルン移籍の話が持ち上がっているという。

 カイザースラウテルンは、クローゼがプロ選手としてのキャリアをスタートさせたクラブ。同クラブで5シーズンを過ごし、公式戦通算145試合52得点という成績を残している。

 クローゼはブラジル・ワールドカップ前にラツィオとの契約を延長した。しかし、ドイツ紙『ディ・ヴェルト』も『Il Messaggero』と同様の記事を掲載している。

 今年7月に「2015年に引退することを決めた」というコメントを報じられたクローゼは、果たして今年限りでイタリアを離れ、カイザースラウテルンというデビューを果たしたクラブで15年以上のプロキャリアに幕を引くのだろうか。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る