FOLLOW US

細貝、原口フル出場のヘルタ、カルーの決勝ゴールで今季初勝利

ヴォルフスブルク戦にフル出場した原口 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第5節が24日に行われ、日本代表MF細貝萌、FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとヴォルフスブルクが対戦した。細貝と原口は先発出場している。

 試合は35分に動く。今シーズンのリーグ戦で2分2敗と勝利のないヘルタ・ベルリンは、マルセル・ヌジェングが高い位置で相手DFからボールをカットしてチャンスをつかむ。そのまま右サイドからクロスを上げると、ゴール前でフリーのサロモン・カルーがヘディングシュートを決めて先制した。

 一方、リードを奪われたヴォルフスブルクも、ケヴィン・デ・ブライネがミドルシュートを放つなどゴールを狙いにいくが、なかなか得点を奪うことができない。

 後半も、ヴォルフスブルクはニクラス・ベントナーやダニエル・カリジュリがヘルタ・ベルリンゴールに迫ったが、最後までスコアは動かず試合はタイムアップ。カルーの移籍後初ゴールを守り切ったヘルタ・ベルリンが、1-0で今シーズンのリーグ戦初勝利を収めた。なお、細貝、原口はフル出場している。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 1-0 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 35分 サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO