2014.09.19

古巣復帰の香川「帰る場所はドルトムントだけ」…タイトル獲得へ意欲

香川真司
香川真司が古巣復帰の心境を明かした [写真]=VI-Images via Getty Images

 ドイツ誌『スポーツビルト』は18日、今夏ドルトムントに復帰を果たした日本代表MF香川真司のインタビューを掲載した。

 まず香川は、ブンデスリーガでライバルと目されている王者バイエルンについて触れ、「バイエルンはセンセーショナルな個の力を持つ、非常に強いチームです。それについては疑いの余地がありません。彼らはトップの座についていますが、僕らも、そして他のブンデスリーガのクラブも、自信を持って戦って彼らを打ち負かすことはできるはず。そのために僕らは全力を尽くします」と、語っている。

 さらに同選手は「もちろん全ての試合に勝ちたいです。僕らにはタイトル獲得に必要な選手、そして(ユルゲン・クロップ)監督がいます。マンチェスター・Uでもそれは同じでしたが、チームは機能していませんでした。調和しなければならないですからね。そして僕は、ここドルトムントではそれが完全に可能だと自信を持っています」と、2年間在籍したマンチェスター・Uとドルトムントの比較についても話した。

 そして「ドルトムントへのカムバックは自宅に帰ってきたような気分か?」という質問に対して、香川は以下のようにコメントしている。

「それが正しい表現かどうかは分からないです。でも、僕の決断は明確でした。『ドルトムントに帰りたい。帰る場所はドルトムントだけだ!またこのクラブと共に成功を祝いたい』と。僕が一緒に成功を祝いたいクラブは他に存在しないのです。僕がマンチェスターでの2年目で、難しい状況だったことは誰もが知っています。(デイヴィッド・モイーズ)監督はあまり僕を使いたがらなかったし、チーム状態もあまり良くありませんでした。でも、ここにいられることで喜びはどんどん大きくなっていきます。僕の心はいつだってドルトムントと共にあるのです。イングランドでは難しい時間を過ごしましたが、ドルトムントにはいつだって僕を支援してくれる人々がいて、社会との結びつきも強かったです。彼らは僕に勇気を与えてくれました。ファン、チームメート、そして監督が僕を迎え入れてくれた時は、本当に心が温まった瞬間でした」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る