FOLLOW US

フンメルス、香川の復帰を振り返る「シンジにとって最高の日」

フライブルク戦で1得点を挙げた香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ドルトムントに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、17日からチーム練習に復帰する予定であることが判明した。ドルトムント公式サイトが13日に伝えている。

 ブラジル・ワールドカップで負ったけがの影響もあり、ブンデスリーガ開幕に間に合わなかったフンメルス。調整を続けてきた同選手は現在のコンディションを明かし、20日に行われるブンデスリーガ第4節、日本代表FW岡崎慎司のマインツ戦で復帰する可能性を示唆した。

「今週は大きなステップとなるだろうね。コンディションは良くなってきているよ。予定では水曜日(17日)にチームの練習に合流する。その後はコーチたちと話し合って決めていくと思う。(今週末のマインツ戦で復帰する可能性について)全ては練習時のパフォーマンス次第だね。動きが良いと判断されたなら、マインツ戦で復帰する可能性があると思う。たとえ、僕のボールタッチやタックルの感覚が不十分だったとしても、チームにとっては大きな問題ではないよ。ドルトムントには素晴らしいセンターバックが3名いるからね」

 またフンメルスは、日本代表MF香川真司がドルトムント復帰後初出場を果たし、1得点を挙げた13日のブンデスリーガ第3節フライブルク戦についても次のように振り返った。

「シンジにとっては予想できないほど、最高の日になっただろうね。序盤はこう着状態が続いていたけど、(ユルゲン・クロップ)監督がいつも言っているように先制点が“缶切り(ドイツの一般的な表現で「硬いものをこじ開ける」の意味)”の役割を果たしたね。あれで相手陣内に有効なスペースが増えたんだ。ドルトムントはそれを利用し、良いサッカーができるようになったと思う。勝利に相応しい内容だったね」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA