2014.08.24

開幕戦ドローのケルン、FW大迫の地元紙寸評は「目が覚めていない」

ブンデスリーガ開幕戦で途中交代したFW大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

 2014-15シーズンのブンデスリーガ開幕戦が23日に行われ、日本代表FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンはハンブルガーSVと対戦。大迫は先発出場したが、長澤は負傷欠場している。

 同試合の採点と寸評をドイツ紙『エクスプレス』が発表した。今夏、ケルンに加入した大迫はブンデスリーガデビューとなったが、放ったシュートも1本のみと見せ場がなく、採点はかなり低い「5」と最低点に近い評価。寸評も「まだすっきり目が覚めていない」と、動きの悪さをしてきされ、厳しい評価となった。

■大迫勇也(ケルン)
対ハンブルガーSV戦(0-0)先発出場、62分交代
採点:5
寸評:彼は、まだすっきり目が覚めていないようだった。判断のスピードも速いとは言えなかった。リッセのパスを受けたとき、なぜ右足を使わなかったのか、大迫は(ペーター)シュテーガー監督に説明しなければならない。

 ケルンは、30日に行われるブンデスリーガ第2節で、日本代表DF酒井高徳が所属するシュツットガルトと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る