2014.08.23

負傷者続くドルトムント、開幕戦は「誰が脅威を与えられるかが重要」

ユルゲン・クロップ
ドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督 [写真]=VI-Images via Getty Images

 ドルトムントは23日、ブンデスリーガ開幕戦でレバークーゼンと対戦する。ドルトムントのユルゲン・クロップ監督がリーグ初戦について言及した。日本語版クラブ公式HPが伝えている。

 クロップ監督は、「レバークーゼンは元々クオリティの高いチームで、さらに戦力をアップしてきている」と対戦相手を称賛し、「ここ数年、常に戦いにくい相手だった。誰がレバークーゼンに脅威を与えられるのかが重要になってくる」と分析した。

 ドルトムントは13日のドイツ・スーパーカップでバイエルンを圧倒し、今シーズン最初のタイトルを獲得したが、開幕を前に負傷者が続出。韓国代表FWチ・ドンウォンやコロンビア代表FWアドリアン・ラモス、MFオリヴァー・キルヒらの欠場がすでに決まっている。

 ブラジル・ワールドカップ参加メンバーの開幕戦欠場も濃厚とみられ、クロップ監督は「マッツ(・フンメルス)はもう少しトレーニングが必要だ。これから調子を上げていってもらうよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る