FOLLOW US

今季もゴール量産を誓うマインツ岡崎「目標数はあえて決めない」

マインツ所属の日本代表FW岡崎慎司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司が、22日付けドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じ、ブラジル・ワールドカップや所属クラブでの新シーズンについて語った。

 ブラジルW杯を振り返った岡崎は「すごくがっかりしました」と、グループリーグ敗退という結果に悔しさを滲ませながらも、「これからの4年間で、日本のみなさんが再び日本代表を誇りに思ってくれるように頑張っていきます。子どもたちにも夢を持ってもらいたいですしね」と前向きに取り組む姿勢を見せた。

 マインツはトーマス・トゥヘル監督が昨シーズン限りで辞任。新たにカスパー・ヒュルマンド氏が監督に就任している。岡崎は、「ヒュルマンド監督は常にモチベーションを上げてくれるので、チームが以前に比べて責任感を持つようになりました。これは、チームにとって成長するチャンスだと思っています」と、チームの変化を語った。

 さらに「昨シーズンは当初ウィングとして起用され、センターフォワードに変わってから、あれだけ得点を挙げることができました。自分でも正直驚いています」と続け、「最前線が自分にとって最適な場所ですし、今では自信を持っています。ヨーロッパに来たときは2桁得点が目標だったので、達成できたことを嬉しく思っています。今シーズンは目標ゴール数を定めず、とにかく得点を狙っていきます」と意気込みを語った。

 最後に、ブンデスリーガを制覇するクラブを問われ、岡崎は「マインツの選手なのでマインツと言っておきます。他のクラブの名前は悔しいので言いません」と答えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA