FOLLOW US

大迫勇也、2戦連発…1G1Aの活躍で、ケルンの快勝に貢献

 プレシーズンマッチが7月31日に行われ、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝所属のケルンとトルコのトラブゾンスポルが対戦。大迫は先発出場、負傷離脱中の長澤は欠場した。

 ケルンは、7月28日に行われたヴァッカー・インスブルック戦で移籍後初先発を果たした大迫が、チーム2点目を記録。ケルンでの初得点を挙げた。

 2試合連発を狙う大迫は14分、先制点を挙げる。中盤でのパスカットからのスルーパスに反応すると、最終ラインの背後を取ってペナルティーエリアへ進入。相手GKとの1対1を制し、冷静に右足シュートを流し込んだ。

 さらに18分には、中盤でのショートカウンターに大迫が絡み、敵陣に少し入った位置、左サイドからサイドチェンジのパスを供給。右サイドのスペースを突いたマルセル・リッセが豪快に右足シュートを決め、2点目を記録した。

 1ゴール1アシストの活躍を見せた大迫は、前半のみで交代。後半は両チームともに得点は生まれず、試合は2-0で終了。ケルンが完封勝利を収めた。

【スコア】
ケルン 2-0 トラブゾンスポル

【得点者】
1-0 14分 大迫(ケルン)
2-0 18分 リッセ(ケルン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA