2014.05.10

自信を示すシャルケ指揮官「試合終了と同時にCL出場を祝える」

イェンス・ケラー
最終節のニュルンベルク戦に臨むケラー監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 10日に行われるブンデスリーガ最終節で、日本代表DF内田篤人所属のシャルケと同MF長谷部誠、同MF清武弘嗣のニュルンベルクが対戦する。

 4位レヴァークーゼンに勝ち点差3をつけ、チャンピオンズリーグ本戦出場圏内の3位につけているシャルケ。ホームでの一戦を前に、イェンス・ケラー監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ニュルンベルクは勝ち点26で、降格圏内の17位。勝ち点差1で上を行くハンブルガーSVを抜いて16位に入ることができれば、自動降格を回避し、2部クラブとの入れ替え戦に臨むこととなる。

 降格を回避するためには勝つしかないニュルンベルクについて、ケラー監督は、「下位チームのニュルンベルクを簡単に倒せると考えている人は、確実に間違っている。彼らにとってこの試合は非常に重要だ」と、警戒を語った。

 そして、「ゴールは目と鼻の先だ。ただ、引き分けを目指して戦うことは絶対にない。勝利が欲しい」と、勝ちにいくことを強調し、「ファンの後押しとともに勝利を収め、試合終了のホイッスルと同時に、チャンピオンズリーグ出場権獲得を祝えるだろう」と、自信を示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る