2014.05.08

ドルトCEO、独代表MFロイスの残留に自信「全く心配ない」

ロイス
ドルトムントのMFマルコ・ロイス [写真]=Real Madrid via Getty Images

 17日に開催されるドイツカップ決勝で、ドルトムントとバイエルンが対戦する。ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏が、日本語版クラブ公式HP上で試合への抱負を語った。

 シーズンの締めくくりとなる試合を控え、ヴァツケ氏は「17日のことを想像すると鳥肌が立つ」と話した。対戦相手のバイエルンについては「おそらく、今世界で最も強い相手」と敬意を示しながらも、「2012年の決勝では私たちが勝っているし、大勢のファンのためにもトロフィーを持って帰りたい」と意気込みを見せた。

 また、選手としてピッチに立つとしたらどの選手になりたいかと聞かれると、「あえて言うなら、マルコになって出場したい」と、ドイツ代表 MFマルコ・ロイスの名前を挙げ、「彼はクラブとともに生きる、真のドルトムンダーだ。そのバックグラウンドと、彼の素晴らしい技術を持って決勝で戦えるのは格別で、感極まる瞬間だろう」と理由を語った。

 ロイスは今シーズン、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uからの強い関心を噂されていたが、ヴァツケ氏は「全く心配ない」とコメント。「マルコはドルトムントを気に入っているし、ここで大きな成功を収めることを確信している。マルコの気持ちは分かっているよ」と、ロイスへの思いを打ち明けた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る