2014.05.02

3位確保へ正念場…シャルケ指揮官「自分たちのプレーに集中」

イェンス・ケラー
フライブルク戦に臨むシャルケのケラー監督 [写真]=Bongarts/Getty Images

 3日に行われるブンデスリーガ第33節で、フライブルクと日本代表DF内田篤人所属のシャルケが対戦する。

 リーグ戦32試合を終えて勝ち点58、3位につけているシャルケ。2連敗で迎える敵地での一戦を前に、イェンス・ケラー監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シャルケは、2連敗で勝ち点を伸ばせず、4位レヴァークーゼンと勝ち点差3、5位ヴォルフスブルクと同4差に迫られている。ケラー監督は、「自分たちのプレーに集中しなければならない。それが最も重要だ」と、自分たちの戦いに集中することを強調。リーグ戦は残り2試合だが、「もし、我々が残された2試合で勝ち点3を得ることができれば、他のライバルチームがどんな試合をしても良い」と、話した。

 フライブルクの印象については、「相手は絶大な走力を持っていて、プレーのクオリティも高い。球際で必ず勝負に来るし、絶対にボールを失わない」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る