2014.03.30

清武が2戦連続7アシスト目も逆転負け…残留争う下位対決に敗れる

清武弘嗣
フライブルク戦にフル出場した清武 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第28節が29日に行われ、フライブルクと日本代表MF清武弘嗣、同MF長谷部誠の所属するニュルンベルクが対戦。清武は先発、負傷中の長谷部は欠場した。

 勝ち点26で並ぶ両者の対戦は開始6分に動く。左CKを得たニュルンベルクは清武がショートコーナーでリスタートするとリターンを受ける。清武は鋭い切り返しで1人をかわすと、タッチライン際から左足でクロス。ゴール前に上がったボールをエマヌエル・ポガテッツがヘディングで合わせて先制する。清武は前節に続き、今季7アシスト目となった。

 ホームのフライブルクもすぐに反撃。12分、ロングボールに抜け出したアドミル・メーメディが飛び出したGKの頭上を越えるループシュートを放つも、ポストに当たる。23分、フライブルクは右CKを得ると、パヴェル・クルマシュのヘディングシュートで同点とする。直後にはジョナタン・シュミットのシュートがポストに当たるなど、フライブルクがチャンスを作る。

 しかし前半終了間際にニュルンベルクはCKの競り合いでポガテッツが倒されPKを獲得。ヨジップ・ドルミッチが決めて勝ち越しに成功して前半を終える。

 後半に入り52分、フライブルクはフェリックス・クラウスがエリア内でポガテッツに倒されてPKを獲得。メーメディが冷静に決めて同点とする。さらに65分にはクラウスがペナルティエリア内右45度の位置から左足で強烈なシュートを決めて逆転に成功する。その後、スコアは動かずフライブルクが3-2で勝利した。

 2試合ぶり勝利のフライブルクは4試合負けなしで勝ち点29として13位に浮上。ニュルンベルクは2試合ぶりの黒星で勝ち点26のまま、暫定15位に順位を落としている。なお、清武はフル出場した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング