2014.03.27

ホームでシャルケと引き分けたドルト指揮官「本当に良い試合」

クロップ
ドルトムントのクロップ監督がシャルケ戦を振り返った [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第27節が25日に行われ、2位のドルトムントと日本代表DF内田篤人の所属する3位のシャルケが対戦。0-0の引き分けに終わった。内田は負傷のため、ベンチ外だった。

 ドルトムントのユルゲン・クロップ監督が、スコアレスドローとなった一戦を振り返った。シャルケの公式HPがコメントを伝えている。

 クロップ監督は、「我々にとって、本当に良い試合だった。おそらく、ここ2、3カ月で最高のホームゲームだった。だが、最終的には0-0で終わってしまった。その原因は、(シャルケのドイツ人GK)ラルフ・フェールマン、もしくはシャルケ守備陣の誰かにあるか、我々が枠外にヘディングをしたという事実にあるか。そのどちらかだ」と、スコアレスドローを振り返った。

 そして、「全体的に、すばらしいダービーの雰囲気だった。ハードワークを見せていたが、残念ながら勝利には結びつかなかった」と、話した。

 ルール・ダービーを終えて、2位ドルトムントは勝ち点52、3位シャルケは同51となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る