FOLLOW US

ブワシュチコフスキ、右ひざ前十字じん帯負傷で今季残り試合を欠場

アウクスブルク戦で倒れ込むブワシュチコフスキ [写真]=BVB.jp

 ドルトムントは27日、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキが右ひざ前十字じん帯を負傷したと、日本語版クラブ公式HPで発表した。

 ブワシュチコフスキは、25日にホームで行われたブンデスリーガ第18節のアウクスブルク戦に先発出場。ところが、開始3分に右サイドのタッチライン際にボールを奪いに行ったところで転倒し、そのまま6分にピエール・エメリク・オーバメヤンと交代していた。

 ブワシュチコフスキは26日に検査を受けた結果、数日以内に手術を受けることが決定。それでも、「簡単にはくじけない。今まで以上に強くなって戻って来られるように、何でもするつもりだよ」と心境を明かした。

 なお、全治にかかる詳細な日数は明かされていないが、クラブによると、来シーズン開幕前の夏季合宿には復帰できる見通しとなっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO