FOLLOW US

チームメイトの自慰行為動画をSNSに流出…ニースへローン移籍中のアーセナル若手DFが調査対象に

ニースのサリバに、動画流出の容疑がかけられている [写真]=Getty Images

 アーセナルからニースへローン移籍中のU-20フランス代表DFウィリアン・サリバが、過去にチームメイトの自慰行為動画を流出させた容疑で調査対象になる模様だ。10日に、フランスメディア『RMCスポーツ』が報じている。

 サリバには、3年前の2018年に起こしたとされる動画流出の容疑がかけられている。サリバは、チームメイトの自慰行為が映し出された動画をSNSに流出させた模様。動画には笑っているサリバの姿も映りこんでいたという。サリバがフランス代表のジャージを着ていたため、動画はアンダー世代に招集された際に撮影されたものと見られる。なお、現在この動画は消去されている。

『RMCスポーツ』によると、フランスサッカー連盟(FFF)がこの件について調査を開始することが決定されたという。FFFは「連盟とサッカー全体に有害なイメージを与える行いだ」と声明を発表している。

 現在19歳のサリバは、サンテティエンヌのユース出身。2019年7月には、アーセナルがサリバを獲得したことを発表した。2019-20シーズンは、そのままサンテティエンヌにローン移籍という形で残留。2020年夏にはアーセナルへ合流していたが、ミケル・アルテタ監督が率いるチームでは全く出場機会を得ることができず、今シーズンはU-21チームでの出場がメインとなっていた。今年1月4日には、今シーズン終了時までニースへとローン移籍することが発表された。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO