FOLLOW US

監督交代が噂されるPSG、エンバペとの新契約に自信…レオナルドSD「事態は前進している」

PSGに所属するエンバペ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)は、フランス代表FWキリアン・エンバペと新たな契約を締結する可能性があるようだ。27日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 先日、PSGに関してはトーマス・トゥヘル監督を解任しマウリシオ・ポチェッティーノ氏を新監督に迎える可能性が伝えられた。そして今回の報道によると、その監督交代はエンバペの残留を見越しての選択となることが伝えられている。同選手との契約延長に自信を持つPSGは、ポチェッティーノ氏に対してエンバペの残留を約束しているようだ。

 2022年6月30日までの現行契約を残しているエンバペには、兼ねてより獲得を狙うレアル・マドリードへの移籍が噂されている。移籍金が発生する今シーズン終了後にでも同選手が移籍する可能性が取り沙汰されていたが、今後ポチェッティーノ新監督の就任が“エンバペ残留”を示すサインとなるのかもしれない。

 PSGのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏は「我々は話し合っているし、彼(エンバペ)も話したがっている。事態は前進している」とコメント。現在は契約更新を実現できていない状況だが、果たしてエンバペはどのような決断を下すのだろうか。注目が集まっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO