FOLLOW US

ネイマールが酒井宏樹に人種差別的発言疑惑…西メディアが映像を公開

ネイマールとマッチアップした酒井宏樹 [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの人種差別的な侮辱行為を行ったという疑惑について、スペインメディア『カデナ・セール』が動画を公開した。

 ネイマールは、13日に行われたリーグ・アン第3節のマルセイユ戦に先発出場。ル・クラスィクと呼ばれる伝統の一戦は、試合終盤、両チームの選手が入り乱れ乱闘騒ぎになった。両チームから計5名の退場者を出した騒ぎの中でネイマールは「サル」と呼ばれたとしてマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴打しその後のリーグ戦2試合を欠場した。ネイマールは試合後、自身のSNSを更新し「試合に負けることもスポーツの一環だ。だが、相手を人種差別的な発言などで侮辱することに関しては賛成できない。お前は自分の犯した過ちを認めないから尊敬に値しない!」と怒りのメッセージを投稿していた。

 その一方でネイマールに、試合中マッチアップした日本代表DF酒井宏樹に対し「くそったれ中国人」(アジア人に対する差別的な発言)と発した疑惑が浮上。スペインメディアが「マルセイユネイマールが酒井宏樹に人種差別的な発言をした証拠を握っている」と報じ泥沼の様相を呈していたが、『カデナ・セール』は今回、『エル・ラルゲーロ』という番組内で読唇術を用いて発言内容を推測し、証拠映像として公開した。

 ネイマールの今後に関しては、30日にフランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)の規律委員会が予定されておりそこで判断が下される模様。スペイン紙『アス』はネイマールには改めて今後のリーグ戦で最大10試合までの出場禁止処分が下される可能性があると伝えている。

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA