FOLLOW US

4年前に追放されたベンゼマがフランス代表へ復帰の可能性「タブーではない」

ベンゼマが2015年以来の代表復帰をする可能性はあるのだろうか [写真]Getty Images

 レアル・マドリードに所属するFWカリム・ベンゼマが、2015年に追放されたフランス代表に復帰する噂があるようだ。スペイン紙『マルカ』が14日に報じている。

 ベンゼマはかつてのチームメイトとのトラブルによって2015年にフランス代表を追放された。当時は「人種差別主義者に屈服した」とディディエ・デシャン監督を痛烈に批判していた。

 しかし、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が「彼は常に代表チームでプレーしたかった。何が起こっているかは正確にはわからないが、彼は最高の選手だ」とベンゼマが復帰の意思を持っていることを明かした。

 一方のデシャン監督はジダン監督のコメントに対して「彼がそう言っても問題はない。彼はレアル・マドリードの監督だから、そのように話すことが彼の仕事なんだ」とコメント。フランス代表とレアル・マドリードでチームメイトのラファエル・ヴァランも「決して(ベンゼマは)タブーではない。僕は長い間プレスルームで同じ質問をされてきたけど、他に言うことは何もないよ」と語っている。

 フランス代表のFW事情として、キリアン・エンバペの他のレギュラー候補を探している様子。アントワーヌ・グリーズマンも決して本調子ではない状況で、ベンゼマの復帰が実現すれば代表強化に大きく繋がるだろう。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA