FOLLOW US

リールがPSGからティモシー・ウェアを獲得か…父親はリベリア大統領

“リベリアの怪人”ジョージ・ウェアの息子ティモシー [写真]=Getty Images

 リールがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するU-20アメリカ代表FWティモシー・ウェアの獲得を目指しているようだ。13日、スペイン紙『アス』が報じた。

 19歳のティモシー・ウェアは、リベリアの英雄で1995年のバロンドーラーでもあるジョージ・ウェア氏の息子で、父親の古巣PSGに2013年から在籍している。

 今シーズンにトップチームデビューを果たした同選手は、1月に出場機会を求めてセルティックにレンタル移籍で加わり、スコティッシュ・プレミアシップで3得点を記録した。

 また、ティモシーは現在開催中のFIFA U-20ワールドカップ・ポーランド大会にも参加(※アメリカは準々決勝でエクアドルに敗退)し、2ゴール2アシストと爪痕を残すことに成功している。

 リールは4年以上の年数でティモシーと契約を結ぶことを目指しているという。一方、PSGは同選手の移籍金に1000万ユーロ(約12億円)と高い割合の再売却ボーナスを要求している模様で、両クラブは現在交渉中のようだ。

リーグ・アン観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA