FOLLOW US

ラグビーでも魅せるジダン、30メートル独走トライなどで観客魅了

レアル・マドリード・カスティージャの監督を務めるジダン氏 [写真]=Getty Images

 現役時代にレアル・マドリードやユヴェントスなどで活躍した元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が、28日にトゥーロンのスタッド・マヨルで行われたパスカル・オルメタ児童基金によるサッカーとラグビーの混合チャリティマッチで、華麗にラグビーのトライを決めて観客を魅了した。30日の大手メディア『ESPN』 などが報じている。

 同チャリティマッチは、1998年のワールドカップで初優勝を果たしたフランス代表チームとラグビー1部リーグ『トップ14』の昨季覇者トゥーロンが対決し、前半にサッカー、後半にラグビーという混合戦で催された。

 フランス代表チームはジダン氏のほか、当時の主将ディディエ・ デシャン氏、元レアル・マドリードのMFクリスティアン・カランブー氏、元インテルのMFユーリ・ジョルカエフ氏などそうそうたるメンバーが集結。20代の現役ラグビーチームを相手に、全員が40代となったフランスサッカー界の黄金世代が衰えを感じさせぬ華麗なプレーで奮戦した。

 中でも一際輝いたのが43歳のジダン氏で、前半のサッカーで全6得点に絡むと、後半のラグビーでも体を左右に振る巧みなフェイントから4人抜きの中央突破を披露し30メートルを独走してトライを決めるなど、駆け付けた1万5000人の観客を魅了した。なお、サッカーはフランス代表が6-3で、ラグビーは30-20でトゥーロンがそれぞれ勝利している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO