2015.03.16

イブラが審判批判「この国はパリSGに相応しくない」発言後には謝罪

イブラヒモヴィッチ
パリSGでプレーするイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 リーグ・アン第29節が15日に行われ、パリSGはボルドーと対戦した。試合後、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが審判への怒りを露わにしていた。同日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 11日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのチェルシー戦で120分の熱戦を演じたパリSG。中3日となったこの試合でも、チャンピオンズリーグで大活躍したDFダヴィド・ルイスとDFチアゴ・シウヴァのブラジル代表コンビを起用するなど、先発のうち7人は変更することなく臨んだ。

 疲労の影響か、エースのイブラヒモヴィッチが2得点を挙げるもチームは2-3で敗れ、首位リヨンが引き分けに終わったものの、勝ち点差を2に広げられている。

 試合後にイブラヒモヴィッチが「15年間の選手生活の中で、ここまで最低な審判は初めて見た。このクソな国でな。この国はパリSGに相応しくない」と批判している様子を、カメラが捉えていた。

 さらに同選手は、同日中にパリSGの公式HPを通じて「試合に負けたことは認めているが、審判がルールを無視したことが気に食わない。これが初めて起きたことじゃないからね」と批判を展開するも、「フランスや、フランスの人たちに向けたコメントではなかったことをはっきりさせておきたい。サッカーについての話で、それ以外のことは関係ないんだ。発言が想像以上の解釈をされている。それによって傷ついた人がいるなら、謝罪したい」と発言の意図を説明し、謝罪をしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る