2014.05.08

試合前にリーグ連覇決定のパリSG、ホーム戦に敗れて花添えられず

ラベッシ
レンヌ戦で先制点を決めたラベッシだが、その後チームは逆転を許し、敗戦 [写真]=Getty Images

 リーグ・アン第36節が7日に行われ、パリSGが2年連続、通算4回目のリーグ制覇を決めた。

 首位に立つパリSGは、リーグ戦残り3試合で2位モナコと勝ち点8差をつけ、同日を迎えた。パリSGの試合に先立って行われたモナコとギャンガンの一戦は、77分に右サイドからのクロスをディミタール・ベルバトフがヘディングで合わせてネットを揺らし、モナコが先制したが、85分に失点。1-1の引き分けに終わり、パリSGの試合開始前に優勝が決まった。

 勝利で2連覇を祝いたいパリSGはレンヌとホームで対戦すると、開始3分にエセキエル・ラベッシが先制点を獲得する。幸先のよいスタートとなったパリSGだが、23分と27分に立て続けに失点。後半途中からは故障明けのズラタン・イブラヒモヴィッチを投入するなどしたパリSGだが、1-2で敗れた。

 今シーズンのリーグ戦ホーム初黒星となったパリSGは2試合勝利から遠ざかっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る