2017.06.22

イタリアに3発勝利…チェコがベスト4進出に望みつなげる/U21EURO

U-21チェコ代表
強豪イタリアを撃破したU-21チェコ代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 22日、U-21欧州選手権グループステージ第2節が行われ、U-21チェコ代表とU-21イタリア代表が対戦した。

 前節ドイツに負けたチェコが決勝トーナメント進出を懸け、強豪イタリアに挑んだ。

 24分、試合が動く。DFからのロングフィードをチェコのパトリック・シックがヘディングで左後方にうまく流し、イタリアDFが足すべらせた隙を、ミハル・トラーヴニークがしっかりついた。トラーヴニークはシックから受け取ったボールをペナルティエリア手前まで運び、相手DFにプレスをかけられつつも右足でシュートを放つ。ボールはゴール左隅に突き刺さり、チェコが先制に成功。その後チャンスを作るも両チーム得点には至らず前半を折り返す。

 後半も試合は拮抗し70分、ついにイタリアの得点が生まれる。DFからのロングフィードで裏に抜け出したイタリアのドメニコ・ベラルディが相手GKとの一対一になり、一度は止められるものの、最後は頭で押し込み、スコアをタイに戻した。

 勢いに乗ると思われたイタリアだが9分後の79分、チェコのマレク・ハヴリークグがペナルティエリア手前中央でボールを受け取りペナルティエリアに侵入。混戦の中右足でシュートを放つ。ゴール右隅にシュートが決まり、チェコがイタリアから勝ち越した。

 そして終了間際の85分、チェコのミハエル・リュフトネルがセンターライン付近で相手からボールを奪うと、敵陣中央までボールを運びロングシュート。強烈なシュートはゴール右隅に決まりチェコがイタリアを突き放した。

 試合はこのままタイムアップ。3-1でチェコが試合に勝利し、決勝トーナメントに望みをつないだ。

 勝ち点が並んだチェコは24日にデンマークと、イタリアはドイツと最終節を戦う。

【スコア】
U-21チェコ 3-1 U-21イタリア

【得点者】
1-0 24分 ミハル・トラーヴニーク(チェコ)
1-1 70分 ドメニコ・ベラルディ(イタリア)
2-1 79分 マレク・ハヴリークグ(チェコ)
3-1 85分 ミハエル・リュフトネル(チェコ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る