FOLLOW US

自国開催ユーロで決勝進出…フランス指揮官「すでに歴史を作った」

自国開催のユーロでフランス代表を決勝に導いたデシャン監督 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 ユーロ2016準決勝が7日に行われ、ドイツ代表とフランス代表が対戦。FWアントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ)の2ゴールでフランス代表が2-0と快勝し、決勝進出を決めた。

 試合後、フランス代表のディディエ・デシャン監督が勝利の喜びを語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 デシャン監督は「我々はすでに歴史を作った。ドイツに勝ったのは久しぶりだが、今日はそのことはどうでもいい。とにかく、決勝に行けることになったんだ。選手たちのことを思うととても嬉しいよ」と喜びを爆発させ、以下のように続けた。

「非常にタフな試合だったね。相手に苦しめられたが、皆で乗り越えることができた。スタンドの盛り上がりや情熱を見ると、このチームは愛されるためのあらゆる要素を持っていると感じるよ」

 自国優勝に王手をかけたフランス代表。4大会ぶりの大会制覇へ、10日に行われる決勝ではポルトガル代表と対戦する。デシャン監督は「決勝まであと3日しかない。できる限り良いコンディションで試合を迎えられるように、やれることは全てやるつもりだ」と展望していた。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA