2016.06.01

【EURO注目選手】クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)数々の栄誉を手にした世界最高の選手

世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 UEFAチャンピオンズリーグ制覇3回、同得点王5回、FIFAバロンドール受賞3回と数々の栄誉を手にし、今や「世界最高のサッカー選手」と評されるFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)。この偉大なフットボーラーが初めてUEFA EUROの大舞台に立ったのが、自国・ポルトガルで開催された2004年大会だった。

 2003年8月のカザフスタン戦でルイス・フィーゴと交代してポルトガル代表デビューを飾った彼は、19歳で初のA代表レベルの国際大会となるユーロに出場。初戦・ギリシャで幸先よくゴールを奪うと、凄まじい勢いでチーム快進撃の原動力となった。若きスターとフィーゴ、ルイ・コスタらベテランの融合によって、ポルトガルはイングランド、オランダら強豪を次々と撃破。その強さに国民は大いに魅了され、熱狂と興奮はピークに達した。しかし、彼らはファイナルで伏兵・ギリシャの堅守の前に0-1で苦杯。C・ロナウドは人目をはばからず大粒の涙を流した。その悔しさと屈辱感は、彼がその後、ブレイクする原動力となったに違いない。

Fussball: EM 2004 in Portugal, POR-GRE

 超高速ドリブル、変幻自在のフェイント、無回転FKなど、驚愕プレーの連続で世界を魅了し続け、31歳となったが、今でも代表への思いは人一倍強い。クラブでは、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードで数々の栄光を獲得してきたC・ロナウドといえども、代表ではまだ一度もタイトルを獲得したことがないからだ。

Portugal v Germany - Euro 2008 Quarter Final
Soccer - UEFA European Championships Euro 2012 - Group B - Portugal v Netherlands

 ポルトガル代表はスイス・オーストリア共催だったUEFA EURO 2008でベスト8。ポーランド・ウクライナ共催だったUEFA EURO 2012ではベスト4止まり。FIFAワールドカップでも2006年ドイツ大会の4位が最高。2010年南アフリカ大会がベスト16、2014年ブラジル大会グループリーグ敗退と下降線を辿っている。

 現在のポルトガル代表に、かつてのフィーゴやルイ・コスタ級のタレントはいない。だからこそ、C・ロナウドが持てる力の全てを発揮して、力強くチームをけん引していく必要がある。長年一緒にプレーしてきたぺぺ(R・マドリード)やナニ(フェネルバフチェ)といった盟友も彼をサポートしてくれるはずだ。名実ともに華々しいキャリアを歩んできた偉大な男には、やはり抜きんでた活躍とタイトルがふさわしい。今大会は彼のサッカー人生の集大成ともいえるビッグトーナメントとなるだろう。

Portugal v Bulgaria International Friendly

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る