2016.05.28

18歳の新星がデビューゴール…イングランドがオーストラリアを撃破

イングランド
イングランド代表が2-1でオーストラリア代表に勝利した [写真]=The FA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が28日に各地で行われ、イングランド代表とオーストラリア代表が対戦した。

 6月にユーロ2016を控えるイングランド代表は、30日に予定されている23名の本大会出場メンバー発表を前に最後の試合。GKフレイザー・フォースター(サウサンプトン)やMFジャック・ウィルシャー(アーセナル)、MFダニー・ドリンクウォーター(レスター)が先発起用されたほか、今シーズン大ブレイクした18歳のFWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)らがスタメン入りを果たしている。

イングランド代表のスターティングメンバー [写真]= Getty Images

イングランド代表のスターティングメンバー [写真]= Getty Images

 一方、今夏に主要な大会のないオーストラリア代表だが、9月から2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が始まり、10月には日本との対戦も予定されている。スタメンにはGKマシュー・ライアン(バレンシア)、FWロビー・クルーズ(レヴァークーゼン)や、キャプテンのMFマイル・ジェディナク(クリスタル・パレス)らが名を連ねた。

 試合は開始早々の3分にイングランドが先手を奪う。左サイドからラヒーム・スターリングが上げたクロスがDFに当たると、こぼれ球をエリア内左で受けたラッシュフォードがダイレクトボレー。右足から放たれたシュートはGKのニアサイドを突き、ネットを揺らした。

代表デビュー戦でゴールを決めたラッシュフォード [写真]=The FA via Getty Images

代表デビュー戦でゴールを決めたラッシュフォード [写真]=The FA via Getty Images

 先制されたオーストラリアはクルーズを中心に何度かチャンスを作るが、シュートは枠を捉えられない。一方のイングランドもセットプレーなどからいくつかチャンスはあったものの決定的な場面はなく、前半は1-0で終了した。

 後半に入ると、オーストラリアが攻勢を仕掛ける。51分、最終ラインからのロングボールに反応したクルーズがエリア内左へ侵入するが、これはオフサイドの判定。さらに2分後にはトム・ロギッチがミドルシュートを狙ったが、これもクロスバーの上に外れていった。

 イングランドにとっての嫌な流れを断ち切ったのが、後半からウィルシャーに代わって投入されたウェイン・ルーニーだった。55分、中盤でボールを受けたスターリングが左サイドをドリブルで駆け上がると、逆サイドでフリーになっていたルーニーにパス。受けたルーニーはエリア外から右足で豪快なシュートを叩き込み、イングランドが2-0とリードを広げた。

交代出場し追加点を挙げたルーニー(中央) [写真]=Getty Images

交代出場し追加点を挙げたルーニー [写真]=Getty Images

 不利な状況になったオーストラリアだが76分に1点を返す。右サイドからアレックス・ウィルキンソンがクロスを送ると、クリアしようとしたエリック・ダイアーのヘディングがGKフォースターの股をすり抜けオウンゴール。1点差に詰め寄った。

オウンゴールを献上したダイアー(左) [写真]=Getty Images

オウンゴールを献上したダイアー(左) [写真]=Getty Images

 しかし、同点を目指したオーストラリアは最後まで2点目を奪うことができず、試合はこのまま2-1で終了。22日に行われたトルコ代表戦から2連勝を飾ったイングランドは、6月2日にポルトガル代表と国際親善試合を実施し、ユーロ2016に臨む。本大会ではグループBに入り、ロシア代表とウェールズ代表、スロヴァキア代表と対戦する。

 一方のオーストラリアは6月4日と同7日にギリシャ代表と2度の国際親善試合を予定している。

【スコア】
イングランド代表 2-1 オーストラリア代表

【得点者】
1ー0 3分 マーカス・ラッシュフォード(イングランド) 
2-0 55分 ウェイン・ルーニー(イングランド)
2-1 76分 OG(エリック・ダイアー)(オーストラリア)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る