2015.11.29

ウクライナ、人種差別で罰金と無観客試合…クラブに続き代表に処分

オリンピスキ・スタジアム
スペイン戦の会場となったオリンピスキ・スタジアム [写真]=VI Images via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、ウクライナサッカー協会(FFU)に対して、サポーターの問題行動による罰則の内容を発表した。

 問題となっているのは、10月12日に首都キエフで行われたユーロ2016予選スペイン代表戦のこと。観客席から人種差別的な内容の応援歌と横断幕がピッチへ向けられていた。また、試合中にレーザーポインターを使用したことと、スタジアムの階段を封鎖したことも処分の対象となった。

 FFUは総額9万7000ユーロ(約1260万円)の罰金と、ホームゲーム1試合を無観客で行うことを命じられた。なお、25日にはキエフに本拠地を構えるディナモ・キエフに対しても、人種差別で罰金と無観客試合の処分を与えることが発表されていた。

 ウクライナ代表はユーロ2016予選のプレーオフでスロヴェニア代表を下して本戦出場を決めている。フランスで開催される本大会は2016年6月10日に開幕する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る